fc2ブログ

コザクラインコはちっちゃい恐竜


我が家では以前、小鳥も数羽飼ったことがあります。

最初に飼ったのが白文鳥、次が十姉妹、三羽目がコザクラインコなのですが、このコザクラインコにはそれまで自分の抱いていたか弱くて可愛らしい「小鳥」のイメージを見事に覆されました。

まずこのコザクラインコ、出会いからしてなかなかに衝撃的でした。

ペットショップのガラスケースの中、たくさんいる黄色コザクラインコの中に混じって二羽だけいた緑色コザクラインコ――そのうちの一羽が我が家の愛鳥となったわけですが…

このインコ、なんと他の黄色いコザクラインコの背の上に、まるで組体操の人間ピラミッドの頂点のごとく君臨していたのです!

その姿を見てしまったら、何だかもう目が離せなくなってしまい、結局そのまま(本当は犬かネコを見るつもりだったにも関わらず)買って帰ってしまいました。

実際に飼ってみても最初の印象通りのやんちゃぶりで、様々なものを壊されました…猫絵文字(汗1)


そもそもコザクラインコは文鳥や十姉妹とはクチバシの形からして違っていて、その噛む力も比べものにならないくらい強いのです。

エンピツをガリガリと削ってしまうのはもちろん、家の中のありとあらゆる木の部分を削り、さらにはそのカギヅメのようなクチバシで器用にパソコンのキーボードのキーを剥ぎ取ったりもしていました。

しかもディスプレイのナナメ後ろから、カサカサ、カサカサ、と顔を出しては引っ込め、出しては引っ込め…まるで「家政婦は見た!」のようにこちらの様子を伺った上で、スキを見てキーを剥ぎ取り、そのままそれをくわえて飛んで逃げるのです…。

そんなわけで我が家ではそんな凶悪なコザクラインコのことを、ときどき「我が家のちっちゃな恐竜さん」などと呼んでいました。

実際、鳥は恐竜の子孫なわけですし、おまけにコザクラインコの脚はかなりゴツくて恐竜の脚を彷彿とさせるものでした。
最近(?)は羽毛の生えた恐竜の化石なども発見されているようですし、鳥を見ていると時々「恐竜って実はカワイイ外見をしていたんじゃないのか?」などと思ったりします。



凶暴なコザクラインコ




 関連記事>コザクラインコは靴下に恋する!?


スポンサーサイト



テーマ : 小鳥大好き
ジャンル : ペット

プロフィール

津籠睦月

Author:津籠睦月
ネコ・犬・小鳥などの小動物大好き人間。
オリジナル小説サイト「言ノ葉ノ森」でファンタジー小説を連載中です。
詳しくは右側の「管理人ホームページ」からご覧ください。

 

HP・ブログ・投稿小説サイト:不具合情報
最新記事
もくじ(記事一覧)
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
その他のブログ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

相互RSS
検索フォーム
<管理人ホームページ>
オリジナル・ファンタジー小説サイト「言ノ葉ノ森」
<オリジナル小説の紹介>
<絵文字&WEB素材>
<QRコード>
QR
<カウンター>
<カレンダー>
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
参加ランキング
ねこ写真アルバム
動物写真アルバム【鳥類含む】
アニマル・スケッチブック
トラベル・アルバム
「言ノ葉ノ森」関連ツイートまとめ