fc2ブログ

アルファポリス小説更新情報(2022/5/13)


小説投稿サイトアルファポリス」さんで連載している異世界転生ファンタジー小説
 
「囚われの姫は嫌なので、ちょっと暴走させてもらいます!~自作RPG転生~」
 
 toraware-hime-novel.gif

 
(タイトルロゴ画像をクリックすると別窓でアルファポリスさんの小説もくじへ飛びます。)
 
第4部・第30章「創治、桃幻の秘密を明かす」をUPしました。
 
クライマックスならではの「伏線回収」回です!
 
この物語は、伏線(&フラグ)をなるべくバラまいて、それをクライマックスできっちり回収していくことを目標にしている…というのは、以前から書いていますが…
 
(ギャグ・コメディでも伏線回収はあります!)
 
そんな伏線の数々の中には、読者への「ミスリード」を入れているものも普通にあります。
 
ネット・デビュー作「花咲く夜に君の名を呼ぶ」が、「二度読み前提にし過ぎて、伏線が分かりづら過ぎるのでは?」と、自分でも反省してしまったので、それ以降の作品は「なるべく伏線を分かりやすく」と心がけているのですが…
 
そうすると、伏線が出てきた段階で「先の展開が読まれてしまう」という リスク が発生します。
 
なので、その周辺にわざと、読者が勘違いしやすいような情報を入れたり、キャラの台詞などで「そのキャラはそうだと思い込んでいるが、よく読めば必ずしも真実を語っているわけではない(ただの思い込み)と分かる」情報を入れたりして、読者の意識を別方向にリードし、真実から逸らしているのです。
 
今回はそんなミスリードを入れた伏線の「回収」回なわけですが…
 
作者本人だけは、どう頑張っても「自分で仕掛けたミスリード」には引っかれませんし、「自分で仕掛けたサプライズ」にもハマれませんので、成否のほど(実際、読者の皆様に楽しんでいただけているかどうか)は分かりません。
 
こういうミステリ的な手法を使うたびに、毎度思うのですが…
 
本格的なミステリ作家さんたちって、ご自身のトリックの成否を(執筆段階で)何で判断されてらっしゃるのでしょう…?
 
(担当さんがついているなら、プロットの段階で担当さんに読んでもらって…とかでしょうか?)
 

banner-novel-search.jpg


 

スポンサーサイト



テーマ : 自作小説(ファンタジー)
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

津籠睦月

Author:津籠睦月
ネコ・犬・小鳥などの小動物大好き人間。
オリジナル小説サイト「言ノ葉ノ森」でファンタジー小説を連載中です。
詳しくは右側の「管理人ホームページ」からご覧ください。

 

HP・ブログ・投稿小説サイト:不具合情報
最新記事
もくじ(記事一覧)
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
その他のブログ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

相互RSS
検索フォーム
<管理人ホームページ>
オリジナル・ファンタジー小説サイト「言ノ葉ノ森」
<オリジナル小説の紹介>
<絵文字&WEB素材>
<QRコード>
QR
<カウンター>
<カレンダー>
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
参加ランキング
ねこ写真アルバム
動物写真アルバム【鳥類含む】
アニマル・スケッチブック
トラベル・アルバム
「言ノ葉ノ森」関連ツイートまとめ