fc2ブログ

JASRA○問題にモヤモヤ…


何年かに1回くらいの割合(?)で、JASRA○さんの話題が新聞やらニュースやらに載るので、そのたびに何だかモヤッとするのですが…。

しかも、その新聞記事やらニュースやらの情報量が少なすぎて詳細が把握できないので、そのモヤモヤを晴らそうと思考をめぐらせようにも判断材料が足りなくて、余計にモヤモヤが増してしまいます。

一番最近のものでは確か「ヤマ○さん等の大手の音楽教室約900ヶ所から年間受講料収入の2.5%を(演奏権に伴う)著作権料として徴収する案をJASRA○さんが出している」というものだったと思いますが…。

このニュースを知った時、まず自分がビックリしたのは「演奏権料ってあらかじめ楽譜とかの料金に含まれていなかったんだ!?」ということでした。

楽器演奏にはだいたいの場合、楽譜を使うのだから(←暗譜して演奏する方もいらっしゃるでしょうが、耳コピなどでない、ちゃんとした、作曲家さんが作ったそのままの形の“曲”を演奏するなら、最初に1回は必ず楽譜を見るものだと思うのですが…。)、そこに最初っから演奏権の料金も含めておけば分かりやすいし取り逃がしもないし(?)カンタンなことこの上ないのに…というか、演奏することを前提に作られているはずの楽譜が演奏権について何の考慮もしていなかったとしたら、むしろ「それ」が何でなんだろうと疑問なのですが…。

それって法律的に不可能なものだったりするんですかね?
(でもWEBデザインの素材集とかには「使用許諾範囲」ということで「○○には使えます」みたいなことが書いてあったりするのですが…。ああいうの、楽譜では不可能なんですかね?)

…と言った具合に頭の中がクエスチョン・マークだらけになったのは、自分だけなのでしょうか…?

それとも楽譜の購入に払う代金は1回きりだけど、演奏は何回もするからその都度徴収…という考えなんですかね?

でも、音楽教室での演奏なんて、生徒の技量次第で何回になるか分からないですし、必ずしも一曲通して演奏するわけでもなく、特に難しいフレーズを何回も繰り返し演奏したりするものなのに、そもそも回数としてカウントすることが可能なんですかね…?

まぁ、だから1回につき何円ということではなく、年間何%ということになっているかも知れませんが…。

でもその年間収入から2.5%というやり方が、それはそれで「それって誰の曲を何回演奏したかという申告は必要ないのかな?だとしたら、どうやって著作権の利用状況を把握するんだろう?それでもって、どうやって入ってきた著作権料を作曲家さんたちに適切に分配していくんだろう?」と疑問に感じてしまって、モヤモヤするのですが…。

それとも、誰の曲が何回使われたか等は一切考慮せず、全員に同額を分配していくのでしょうか?

だとしたら、それはそれで、相当な回数を演奏されたにも関わらず少額しか支払われない人と、一回も演奏されていないのにお金が入る人とが出て、また別のモヤモヤが出てくるのですが…。

あと、対象となる約900ヶ所の音楽教室さんの年間受講料収入2.5%を徴収、というのは、その900ヶ所のうちの何割かの教室さんが、もし著作権の切れた曲しか教えていない教室であっても、そういったこと一切関係ナシに2.5%が取られていくのでしょうか…?

(それとも音楽には著作権の切れたものって存在しないのでしょうか?クラシックとかって、作曲家さんの死後かなりの年月が経過している気がするのですが…。)

あと、そもそも「音楽教室さんから2.5%の演奏権料を徴収する」という案は、どういう手続きでもって進められたのでしょう?

JASRA○さんに著作権の管理を委託(?)している作曲家さんなり会社さんなりの意見をあらかじめ聞くなど、そういった意思確認のプロセスみたいなのって無いものなんですかね…?

確か何人かの作曲家さんが「音楽教育にはタダで私の音楽を使わせてあげて欲しい」という意思を表明されてらっしゃったと思うのですが…。

もし、そういった作曲家さんの意思に反して演奏権が事実上「お金で売られてしまう」のだとしたら、それは何だか著作権法の存在意義自体に対してモヤモヤしたものを覚えるのですが…。

それに、下手をするとこの国の音楽文化のスタイル自体を変えてしまいかねない事柄が一団体の内部だけで決められてしまうという、そのこと自体にも何だかモヤモヤしたものを覚えます。

JASRA○さんが何かしようとするたびに世間で反発が起きるのは、きっと「それ」が一般市民の感覚から見て「やり過ぎ」に思えるから…という気がしてなりませんし。

「それ」を世間に発表する前に、予め、一般市民の意見を広く募るとか、知識人やら専門家やらの第三者の意見を求めるなどして、「それ」が社会通念に照らして妥当かどうかを見極めておけば…もしくは、あくまでもそれが妥当だと思うなら、予め一般市民に「納得のいく説明」を広めておけば、後々の炎上やらイメージ低下を少しは避けられるのではないかと思うのですが…楽観的過ぎますかね…?

と言うか、そもそもが一般人には分かりにく過ぎる「著作権」、JASRA○さんなどの著作権に関わる団体さんがもっとそういった知識を分かりやすく広める等の啓発活動を積極的にしてくれればいいのになぁ、著作権的にOKなのかNGなのかよく分からないグレー・ゾーンについて一般人や専門家の意見を交えつつ白黒ハッキリさせていくみたいな活動をしてくれれば、もっとイメージUPするのになぁ、あと企業さんだけでなく一般の個人でも著作権をカンタン・分かりやすく(ネットでポチポチ操作してクレジット・カード決済とか。音楽を一曲ダウンロードするような気軽さ&お手頃価格で)利用できるようになれば様々な問題も解決する気がするし著作権料収入も上がるしお得だと思うんだけど、そういうシステムなり制度を整備してくれないものかなぁ…などと思うのですが、ワガママですかね…?

スポンサーサイト



プロフィール

津籠睦月

Author:津籠睦月
ネコ・犬・小鳥などの小動物大好き人間。
オリジナル小説サイト「言ノ葉ノ森」でファンタジー小説を連載中です。
詳しくは右側の「管理人ホームページ」からご覧ください。

 

HP・ブログ・投稿小説サイト:不具合情報
最新記事
もくじ(記事一覧)
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
その他のブログ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

相互RSS
検索フォーム
<管理人ホームページ>
オリジナル・ファンタジー小説サイト「言ノ葉ノ森」
<オリジナル小説の紹介>
<絵文字&WEB素材>
<QRコード>
QR
<カウンター>
<カレンダー>
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
参加ランキング
ねこ写真アルバム
動物写真アルバム【鳥類含む】
アニマル・スケッチブック
トラベル・アルバム
「言ノ葉ノ森」関連ツイートまとめ