FC2ブログ

「家庭教師はお早めに」してくれないと大変なんです、ホント


受験の追い込みシーズンになってきたせいか「ラスト○日からの受験対策」みたいなCMが多いですね。

そんな某家庭教師CMを見ていると、自分の学生時代の家庭教師バイトの思い出が蘇ります…。

いつも思うのですが、そもそも「ラスト○日で本当に間に合うのかどうか」は、その時の生徒の学力と家庭教師の能力次第だと思うのです。

受験まで既に1ヶ月を切っているタイミングだったり、教える側が家庭教師バイト自体初めてだったり、しかも文系人間なのに何故か理科と数学を受け持たされたり、その上生徒さんが苦手科目(数学)については志望校の過去問テストで1点も取れないのではないかというレベルだったりしたらもう…正直かなりキビシイものがあると思うのですよ。

……まぁ、自分の身に実際あったことなのですが…。

しかも自分が登録していた(というより強引な勧誘でほぼ強引に登録させられた)家庭教師派遣会社は一応それなりに名の知られた会社だったのですが、家庭教師初めての人間に「家庭教師のやり方」をろくに指導してもくれませんでした。

(家庭教師登録を勧誘する際には「ちゃんとフォローする」というようなことを言っていたにも関わらず…。)

生徒の志望校や何の教科のどの辺りを重点的に教えて欲しいのかを書いたプリントを一枚渡されて「では行ってきてください」という感じでした…。

なので家庭教師の初日に生徒の実力を測るために行った志望の公立高校の過去問テスト作りも教材作りも、全て何も分かっていない状態の自分がコンビニで過去問をコピーしたりいろいろして何とか制作したものでした。

(正直、こんなことで家庭教師のクオリティーをちゃんと保っているつもりなのか会社の姿勢に対しては甚だ疑問です。有名大学の生徒さえ集めれば安心とでも思っていたのでしょうか…。)

しかも後から聞いたところによると、その生徒さんには前任の理科・数学の家庭教師さんが同じ会社から派遣されていたのですが(成績が上がらないためチェンジされて自分が受け持つことになったのです)、その人が自分とは違い完全に理系の、しかも有名理系大学の学生さんだったのです。

もう、既に意味が分かりません。

ですが引き受けてしまった以上はやるしかなかったので、初日の実力テストの結果を見た時点でもうある程度の見切りをつけ、難解な図形問題などは捨て、確実に点を取れるようになりそうな部分だけに絞って徹底的に基礎の基礎から教えました。

平日は夜から、土日は昼間、週3~4日びっちり入って指導するというなかなかのハード・スケジュールでした。

どうにも問題の「解き方」が分かっていないようだったので、問題の「解き方」をまず何段階かに分け、問題が解かれていく「過程」を最初から順番に単語帳の表裏に書いておき、めくっていくことで最終的な解答にたどりつけるというお手製の教材を作って渡し、家庭教師をしていない時間も問題の解き方を学べるよう工夫したりもしました。

自分にとってもハードでしたが、生徒の方も、あの過酷な日々に本当によくついてきてくれたと思っています。
(↑年下とは言え敬意は払うべきとは思いますが「さん」付けすると何だか他人行儀な気がして嫌なので、ここからはあえて「さん」はつけずにいきます。個人名は書けないですし…。)

でも生徒の親御さんに「あの子が数学の問題が解けたって喜ぶのなんて初めて見たんですよ」と感謝された時には自分でも驚くくらいに嬉しい気持ちが込み上げてきたりしました。

そんなこんなで受験は無事に終わり(何とか合格でき)……、しかしまだ3月末まで家庭教師期間が残っていたので、その期間を有効に使って、受験までには間に合わなかった残りの部分――中学3年分の数学の基礎を全部マスターしてもらいました。

家庭教師を終える頃には、教師初日にはあわや0点状態だった生徒が簡単な問題とは言え、過去問の問題を全て解けるようになっていたので「人間やればできるものなんだな」とその生徒の姿から学ばせてもらい、しみじみ感動しました。

ただ、ちょっと焦ったのが、その学力アップを喜んだ生徒の親御さんから「高校に入ってからも教えてもらえないか」と熱心に口説かれたことです…。

2ヶ月近くも濃い日々を送り、家庭教師を辞めるのが寂しい気持ちはちょっとありましたが、さすがに高校の数学は自分でさえちょっと危ういものだったのでお断りせざるを得ませんでした…。

何も分からない状態からのスタートだったので苦労も散々ありましたが、行くたびに夜食を出してもらったり(数学と理科の間に休憩のおやつタイムがあったのです)、家庭教師を終えるという日にはプレゼントをもらったりと、その家の方たちには本当によくしてもらいました。

家庭教師バイトとしては比較的…というよりかなり、幸せな経験をさせてもらった方なのではないかと思います。

ただ、完全文系人間な自分に理数系科目を教えさせるというのは(中学生で、しかも基礎レベルだったから良かったようなものの)、あまりにもムチャぶりが過ぎると思ったので、次にその家庭教師派遣会社が再び理数系科目の教師の仕事を持ってきた時には、これ以上はないというくらいにキッパリお断りし、それ以降家庭教師の仕事は引き受けませんでした。
(どうも文系科目の需要はそれほどなかったらしく、全く文系の仕事を回してもらえなかったので…。)

というわけで、家庭教師をギリギリに頼むと教師も生徒も双方ともにとんでもない苦労を味わう羽目になるので、家庭教師の要請はなるべくお早めにした方がいいです。本当に。

スポンサーサイト



テーマ : 家庭教師
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

津籠睦月

Author:津籠睦月
ネコ・犬・小鳥などの小動物大好き人間。
オリジナル小説サイト「言ノ葉ノ森」でファンタジー小説を連載中です。
詳しくは右側の「管理人ホームページ」からご覧ください。

最新記事
もくじ(記事一覧)
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
その他のブログ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ねこ写真アルバム
動物写真アルバム【鳥類含む】
相互RSS
アニマル・スケッチブック
トラベル・アルバム
ブログ内マイベスト(猫)
検索フォーム
<管理人ホームページ>
オリジナル・ファンタジー小説サイト「言ノ葉ノ森」
<オリジナル小説の紹介>
和風ファンタジー小説「花咲く夜に君の名を呼ぶ」


魔法少女風ファンタジー小説「魔法の操獣巫女エデン」


異世界ファンタジー小説「ブラックホール・プリンセス」


児童文学風ファンタジー小説「夢の降る島」


乙女ゲーム風恋愛小説「選帝のアリス」(pixiv投稿小説)


恋愛SSオムニバス「まるで純度の高い恋の結晶のような…」


歴史恋愛短編オムニバス小説「恋愛群像ヒストリカ」



↓こちらもどうぞ↓




<絵文字&WEB素材>
ネコ絵文字一覧



WEBデザイン素材集リスト 
 

<QRコード>
QR
<カウンター>
<カレンダー>
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
参加ランキング