fc2ブログ

アルファポリス小説更新情報(2023/2/24)


小説投稿サイトアルファポリス」さんで連載している異世界転生ファンタジー小説
 
『囚われの姫は嫌なので、ちょっと暴走させてもらいます!~自作RPG転生~』
 
 toraware-hime-novel.gif

 
(タイトルロゴ画像をクリックすると別窓でアルファポリスさんの小説もくじへ飛びます。)
 
第5部・第22章「アリーシャはスカイ王子の洗脳を解きたい」をUPしました。
 
先にお知らせしておきますが、来週半ばから残業体制に入りますので、来週更新分は投稿時間が遅くなる可能性があります
 
(できれば前日に予約投稿しておきたいところですが、どうなるかは分かりません…猫絵文字(汗4)
 
今回更新分では、“あのキャラ”が再登場しました!
 
そんな“あのキャラ”とアリーシャとの会話は、昨今の時勢をほんのり反映しています(逆張り的な意味で)。
 
AIの急速な発達で、すっかり「AIすごい」な、昨今の風潮ですが…
 
AIがそんな「すごい」精度になるまでには、ディープラーニング(深層学習)が必要で、その学習元のほとんどは、結局「人間」の「智」や「技術」なわけです。
 
そのことが、他ならぬ人間自身の頭から、すっかり忘れられていそうなのが、何だか「人間として哀しいな」…と。
 
たとえば「お絵描きAI」問題で、著作権問題や「絵師の仕事が奪われるのでは」問題が取り沙汰されていますが…
 
AIの「すごさ」ばかりが注目されて、その学習の「元」となった素晴らしい作品の数々に目が向けられない(そもそも何を「元」としたかが明かされないので、その作品が知られることすらない)のが、悲しいことだな…と。
 
(最近ではAIの「小説」も違和感の無い文章になってきているそうですし、「AI小説の激増で、アメリカのヒューゴー賞受賞のSFファンタジー小説誌が投稿の受付を一時停止した」などというニュースもありましたので、物書きとしても「他人事」や「対岸の火事」ではありません。)
 
テクノロジーの進歩は、もちろん未来を豊かにする可能性に満ちているわけですが…
 
AIばかりが持てはやされて、その陰に確実に存在する「人間」や「人間の業(わざ)」がリスペクトされないのだとしたら…
 
まるで「人間が“人間”を重視しなくなり、人間の仕事や生きる意義を、自らの手で奪っていく」という、ブラックな近未来SFのようです(…あるいは、既にそれが「現実」なのかも知れませんが)。
 
ただ、その一方で、AIの「智」を人間が「逆輸入」し、自らの「学習」に「逆活用」していくことは、「アリ」なのではないかと思っています。
 
AIの教えてくれた知識でも、人の頭の中に積み重ねられていけば、やがて「人間の智」に変わるのではないか…と(「AIの智が“偏った知識”にならない」「人間の側も、ちゃんと情報リテラシーを持つ」という前提の上での話ですが)。
 
どんなテクノロジーも結局は、ちゃんと「人間を幸せにする」ために使われるかどうか、ということなんですよね…。
 
個人的に、AIにはクリエイターの仕事を「奪う」方向ではなく、クリエイターと鑑賞者・読者とを「マッチング」し、仕事を「与える」方向に進化していって欲しいです。
 
(そのためには、AIの開発側、AIを使う側に「その意識」が必要なわけですが…。)
 
エンタメ作品のみならず、この世のあらゆる知識・情報に関しても、まだまだ「需要と供給のマッチング」ができていないのが現状だと思いますので…。
 
 


banner-novel-search.jpg
スポンサーサイト



テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

津籠睦月

Author:津籠睦月
ネコ・犬・小鳥などの小動物大好き人間。
オリジナル小説サイト「言ノ葉ノ森」でファンタジー小説を連載中です。
詳しくは右側の「管理人ホームページ」からご覧ください。

 

HP・ブログ・投稿小説サイト:不具合情報
最新記事
もくじ(記事一覧)
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
その他のブログ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

相互RSS
検索フォーム
<管理人ホームページ>
オリジナル・ファンタジー小説サイト「言ノ葉ノ森」
<オリジナル小説の紹介>
<絵文字&WEB素材>
<QRコード>
QR
<カウンター>
<カレンダー>
01 | 2023/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
参加ランキング
ねこ写真アルバム
動物写真アルバム【鳥類含む】
アニマル・スケッチブック
トラベル・アルバム
「言ノ葉ノ森」関連ツイートまとめ