FC2ブログ

青春SS更新情報(青春断片・第18弾)


オムニバス青春SSシリーズ「青過ぎる思春期の断片(青春断片)」の第18弾「今日の私が最悪なら、明日の私はきっとマシ」をアップロードしました。
 
seishun-anime-banner.gif

(このシリーズは、小説投稿サイト小説家になろう」さんと、SSブログ両方に同じ内容のものを投稿しています。「小説家になろう」さん版はルビと改行多め、SSブログ版の方には下部に蛇足な解説が付いています。)
 
今回は「メンタル」や「性格」に「」のある少女の物語です。
 
元々、個人的に「人の性格は一定ではなく、その日のコンディションや状況・相手によっても変わる」と思っていたので、その辺りの「人間観」を下敷きにして小説を作ってみました。
 
タイトルは結局、上のようになりましたが、「毎日違う、日替わりの私」という案もありました。
 
ウチの小説にはよくあることですが…
 
今回の話も、絶対的な「希望」を描くわけではなく…かと言って絶望のまま終わるわけでもなく、ほんのりした「前向きさ」、あるかも知れない「希望」を目指して書いています。
 
絶対的な希望だと、どこか嘘くさくなってしまう気がしますし…、運悪くその「希望」と出逢えない人を、余計に絶望させてしまう気がするので、あまり描きたくないのです。
 
ところで、このシリーズでは、毎回わざと「使用単語の難易度(あるいは種類)」や「言葉遣い」を微妙に変えて、「主人公の“違い”」を表現しているのですが…上手く表現できているでしょうか?
 
シリーズ全話通して「主人公のモノローグ」で構成される物語ですので、「なるべく口語に近い形で」を目指してはいるのですが…
 
毎度、「口語っぽさ」と「きちんとした文章」との間で微妙に葛藤しています。
 
「ら抜き」言葉ですとか「…なのだ」と「…なんだ」の違いですとか…。
 
IQ高め設定な主人公や、礼儀正しく真面目という設定の主人公なら、「きちんと感」全開で行けるので、逆にラクなのですが…(第3弾「能ある鷹はマイノリティ」など)
 
ごく普通の平均的な男子・女子をイメージする時には、「こんなに“キッチリ”した言葉遣いだと、不自然だな」「今どき、普段からこんな言葉遣いをする男子・女子がいるわけないな」と引っかかってしまうのです。
 
かと言って、くだけた言葉遣いにし過ぎると、それはそれで読者の方にツッコまれてしまいそうですし…。
 
(中には、そういう“言葉遣いのセレクト”で、「この作者、国語の能力が低いんだな」と勝手に判断して、小説の評価を下げてしまう方もいらっしゃるかも分かりませんし…。そして、もし本当に、津籠の「くだけた方の主人公」の物語で、そんな評価をされる方がいたなら、実際の津籠の国語のスペックはあんな感じ(←別ブログ参照のこと)ですので、逆に申し訳ないのですが…。)
 

スポンサーサイト



テーマ : 短編小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

津籠睦月

Author:津籠睦月
ネコ・犬・小鳥などの小動物大好き人間。
オリジナル小説サイト「言ノ葉ノ森」でファンタジー小説を連載中です。
詳しくは右側の「管理人ホームページ」からご覧ください。

 

HP・ブログ・投稿小説サイト:不具合情報
最新記事
もくじ(記事一覧)
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
その他のブログ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

相互RSS
検索フォーム
<管理人ホームページ>
オリジナル・ファンタジー小説サイト「言ノ葉ノ森」
<オリジナル小説の紹介>
<絵文字&WEB素材>
<QRコード>
QR
<カウンター>
<カレンダー>
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
参加ランキング
ねこ写真アルバム
動物写真アルバム【鳥類含む】
アニマル・スケッチブック
トラベル・アルバム
「言ノ葉ノ森」関連ツイートまとめ