fc2ブログ

投稿小説更新情報(2019/10/19)


ピクシブさんに投稿させていただいているファンタジー乙女ゲーム小説「選帝のアリス」の第4章「四月は選帝のハジマリ」ファエル・ルート「ファエルとホンモノの春花」の第1段落後半をアップロードしました。
 
選帝のアリス・ロゴ
 
ファエル・ルート4月パートの本格スタートです。
 
ファエルは好奇心が旺盛で思考が柔軟なので、素で様々な“裏技”を見つけられるタイプです。
 
職業柄、人間観察や自然観察などで観察眼も養っています。
 
ちなみに皇帝候補たちのクローゼットの中は、アリスの部屋のものとは違い、最初は空っぽです。
 
(クローゼットその2とその3も元は空です。)
 
それぞれが自宅などから持ち込んだ服や私物をしまって使っています。
 
取っ手の装飾もアリスの部屋のものとは違っていて、アリスの部屋が花型なのに対し、皇帝候補たちのものは星型です。
 
真ん中の宝石の色も、それぞれの候補の合わせてカラーリングされています。
 
ファエルの部屋のものはグリーン系の石がはめ込まれています。
 
(既に描写してありますが、各部屋のドアの色も各キャラクターに合わせて変えてあります。)
 

banner-novel-search.jpg

 

スポンサーサイト



テーマ : 更新報告・お知らせ
ジャンル : 小説・文学

知る人ぞ知るマニアックな歴史を掘り起こす


歴史恋愛 オムニバス短編小説シリーズ「恋愛群像ヒストリカ」で扱っている歴史西洋史)は、メジャーなものよりも、むしろ「知る人ぞ知るディープマニアックなものの方が多いと思います。

history-love-novel.jpg
 
理由は、歴史モノ初心者(←しかも高校では日本史選択)の作者が、有名な歴史を扱うのは荷が重いというのが1つ…
 
(メジャーな歴史的人物や歴史事件は、詳しい方も多く(資料も多過ぎて全てを網羅することはできず)、付け焼刃の知識ではアラを見つけられてしまいそうなので…。)
 
もうひとつの理由は、そもそも作者が“マイナー好き”だからです。
 
元々性格がひねくれているせいか、皆が当たり前に注目しているモノよりも、光を当てられずに埋もれているモノを掘り起こす方が好きなのです。
 
なので今までにも、他の人が気に留めないような妙な部分に注目して歴史を学んでいたということが多々あります。
 
(ネット小説デビュー作である「花咲く夜に君の名を呼ぶ」が日本神話ベースなのに常陸国風土記がメインなところとか、明治時代の小説を書こうとして出してきた知識が「銀座の大火」や「貧民窟」なあたりとか、我ながらだいぶマニアックだと思います…。)
 
なので、今回のシリーズでも当然のように「ちょっとマニアック」な歴史的人物をモデルに小説を書いています。
 
(第1弾がポルトガル王女カタリナ(キャサリン・オブ・ブラガンザ)、第2弾がイギリス女王ジェーン・グレイですから…。)
 
…「知る人ぞ知る」とは言え、「知っている人は知っている」知識ではあるので、そのあたり多少のプレッシャーはあったりするのですが…。
 
「アマチュアだし、習作だし、誰でも最初は初心者なんだから、まぁいっか」という気持ちで挑んでいます。
 
ただ、資料調べには手を抜いていないですよ。
 
短編小説ということでボリューム(分量)が少ないにも関わらず読み込んだ資料があんなことになっていますし…。
 
(ただし、資料の知識を下敷きにした上で、結構自由に妄想をふくらませているのですが…。)

banner-novel-search.jpg

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

津籠睦月

Author:津籠睦月
ネコ・犬・小鳥などの小動物大好き人間。
オリジナル小説サイト「言ノ葉ノ森」でファンタジー小説を連載中です。
詳しくは右側の「管理人ホームページ」からご覧ください。

 

HP・ブログ・投稿小説サイト:不具合情報
最新記事
もくじ(記事一覧)
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
その他のブログ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

相互RSS
検索フォーム
<管理人ホームページ>
オリジナル・ファンタジー小説サイト「言ノ葉ノ森」
<オリジナル小説の紹介>
<絵文字&WEB素材>
<QRコード>
QR
<カウンター>
<カレンダー>
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
参加ランキング
ねこ写真アルバム
動物写真アルバム【鳥類含む】
アニマル・スケッチブック
トラベル・アルバム
「言ノ葉ノ森」関連ツイートまとめ