FC2ブログ

電子書籍でネコ写真


電子書籍作成サービスサイト「パブー」さんに登録し、とりあえずお試しで、以前飼っていた愛猫く~の思い出写真集を作ってみました。

古い携帯の画像な上、初めての電子書籍制作ですので、いろいろとへぼかったり初心者感まる出しな気はしますが…。

無料ですので、興味をお持ちの方はぜひ下記リンクよりダウンロードしてみてください猫絵文字(にこにこ)

(できたら、そのうち小説の方でも電子書籍版を作成してみたいなぁと思うのですが、既に発表されている他の皆さんの電子書籍(特に表紙)のレベルの高さにビビり気味です…。イラストにはちょっと苦手意識があるので…。)




スポンサーサイト

小説更新情報(2016/6/26)


魔法少女風ファンタジー小説「魔法の操獣巫女エデン」Episode1を少しだけ更新しました。

今回更新部分の頭には目印として黒猫マークがついています。

それと、用語解説を4件追加&ヒロイン・エデンのアバター風画像を少し変更(瞳のキラキラ度をUP)しています。

テーマ : お知らせ
ジャンル : 小説・文学

ドラクエの勇者に自分の名前をつけたことがない。


以前、まだうちにPS2か何か、メモリーカードにデータを記録する方式のゲーム機があった頃、中古のメモリーカードに偶然残っていたドラクエのセーブデータを見て衝撃を受けたことがあります。

よその家では勇者に自分自身の名前を普通につけるものなんだ!」…と。

なぜなら、我が家にRPG系のゲームが初めてやって来た小学生の時以来、自分たち兄弟は勇者や主人公の名前にネタでしか名前をつけてこなかったからです。

その時飼っていたペットの名前や兄弟の好きな山菜の名前がついているならまだ良い方です。

だいたいが、常に「その名前にすることで、いかにゲームプレイ中の文章を面白おかしくするか」で名前を考えていたため、しばらく経ってからセーブデータを再開すると、まずは自分自身もすっかり忘れていた勇者のネーミングに自ら吹き出すハメになります。

具体的に言うと、自分の場合は勇者の名前が「まおう」だったり「どうぐや」だったり「おうさま」だったり、サスペンスホラー系ゲーム(「かま○たちの夜」)の主人公が「」だったりヒロインが「忍者」だったりと比較的無難なものでしたが、兄弟の方はいろいろとぶっ飛んでいました。

まずは勇者の名前が「オレさま」…。

仲間が勇者の名前を呼ぼうとするたびに「オレさまは○○だな」などと、そのキャラの一人称が急に「オレさま」になったかのような文章が表示され、兄弟ながら「その発想は無かったな…」と感心してしまったのを覚えています。

さらにドラクエ7の勇者の名前が「マリべル」…。

(ご存知ない方のために書いておくと、マリベルはドラクエ7に登場する主人公のおさななじみで、仲間に加わるキャラクター)

ドラクエでは通常、仲間と同じ名前を勇者につけることはできないのですが、兄弟いわく「マリベルの「ベ」だけを「ひらがな」にすれば、勇者の名前をマリベルにできるんだぜ!」とのことで、うちの兄弟のドラクエ7にはマリベルが2人いました

しかしこの「2人のマリベル」、戦闘中になると「今やられたのはどっちのマリベルなんだ!?」とパニックになるだけで、当然のことながらメリットはほぼありませんでした…。

さらにさらに、これは勇者のネーミングではありませんが、面白かったものとして「どうぐぶくろ」の名前改変…。

(ドラクエの、確かダーマ神殿かどこかで名前が変えられる所で、どうぐぶくろの名前も変えられるのです。)

うちの兄弟はこの「ふくろ」の名前を「おくち(お口)」や「けあな(毛穴)」に変えて、道具袋にアイテムを出し入れするたびに「○○はけんじゃのいしをおくちにいれた」「○○はどうのつるぎをけあなにいれた」などといった文章を表示させて喜んでいました。

ちなみに、そんなうちの兄弟の「かまい○ちの夜」のセーブデータは、主人公の名前が「荻谷萩(おぎやはぎ)」でヒロインが「荻矢萩」でした。

テーマ : ドラゴンクエスト
ジャンル : ゲーム

小説更新情報(2016/6/19)


新作ファンタジー小説「魔法の操獣巫女(マジカル・ビーストテイム・シャーマン)エデン」Episode1の序盤を試験的にアップロードしました。

「試験的に」というのは、まだレイアウトや機能が本決まりではないため、まだこれから微調整や新たな機能追加があるかも知れないということです。

(…と言うか相変わらず「新たな試みも実験も大好き!あわよくば新しい“小説”の形態を模索して、本離れを食い止めてやるゾ!」などという気持ちでいっぱいですので、新たな“機能”…と言うか“何か”は追加されていくと思います…。そして、その結果本文ページがゴテゴテしてしまうかも知れない(と言うか、既にちょっと太字乱立とかでゴテゴテしているかも…)ので、装飾のほとんど無いシンプル・モードなども作るかも知れません…。)

ちなみに今回も用語解説フレームはついていますが、解説用語は「色が違う」のではなく「アンダーラインがついている」方式に変更してみました。

(これもまだ本決まりではありませんが…。)

ちなみに、キャラクター紹介画像(ヒロイン)はあいかわらずのドット絵(?)ですが、今回は「アバター風」をイメージして制作しています。

仕上げはフォトショップ・エレメンツ(確か父のペンタブに付属していたもの…?)でやっていますが、元の絵はペイントでちまちま描いています。

髪の毛などの曲線を描くのが難しくて、なかなイメージ通りに描けませんが…。

ちなみに自分はペンタブを持っていません

画像の制作・加工はノートPCの指でなぞって操作するパッドの部分(←正式名称が分かりません。)でぐりぐりやって描いています。

テーマ : 自作連載ファンタジー小説
ジャンル : 小説・文学

お兄ちゃんワンコと妹ニャンコの微妙な距離感


我が家にはワンコニャンコがいます。

…が、よそのお宅でよく見るような「ワンコとニャンコが仲良し・ラブラブ」な関係では決してありません

同じ部屋にいても、じゃれるでもなくちょっと離れて座っているなど、微妙な距離感があります。

そもそも我が家には先にワンコの方がいて、それはもう「我が家の王子様!」という感じで父に溺愛されて育てられていたので、ワンコ的には「ボクは家族の中で一番のアイドルなんだ!みんなの愛情はボクのもの!」という感覚でいたのだと思います。

それが後になってニャンコがやって来て…、当時は本当に小さくてか弱げで(→過去記事「うちの子猫コレクション」に当時の動画が載っています。)、ワンコと触れ合わせるのが心配なくらいだったので、2匹を一緒にする時には「強くしちゃダメだよ!そーっとだよ!そーっと遊ぶんだよ!」としつこいくらいにワンコに念押しし、見張りながら遊ばせたのでした。

その影響があってか、未だに我が家のワンコはニャンコに対して強く出られません

ニャンコにちょっかい出されようが、本気で爪で引っかかれようが「キャイン!」と鳴くばかりで反撃しないのです。
(したとしても鼻先で「ちょん!」とそっとつつく程度。)

そんな状態なので、兄ワンコにとってこの「妹」の存在は迷惑なものでしかないんだろうなぁ~と家族皆が思っていました。

ところが、そんな迷惑な妹ニャンコに、ある日、初めてネコを見た親戚の家の小犬(←親戚と一緒に遊びに来た。まだ小犬で加減を知らないのでちょっと乱暴そうに見える。)が興味津々で近寄ろうとした時、うちのワンコはまるで庇うようにニャンコの前に立って、小犬が近寄れないようにしたと言うのです。

あんな傍若無人な妹ニャンコでも、ワンコ的には一応「兄」としての責任感というか「守らなければいけない」という意識があるのかなぁ…と、その話を親から聞いた時には、ちょっとほっこりしてしまいました。

(…と言うか、なぜその場にいてその瞬間を目撃できなかったのかと悔やまれます。平日は仕事なので仕方ないですが…。)



[広告] VPS

テーマ : わんことにゃんこ
ジャンル : ペット

動画投稿って意外とムズカシイ…。


言ノ葉ノ森」の初期連載作品2作が完結したのを機にFC2動画の投稿を始めてしばらく経ちますが…投稿できる動画を選ぶのって、結構難しいです。

何が難しいのかと言うと、ニャンコワンコカワイイ動作をしているその後ろで、家族がヘンなことを言っていたり、途中思いきり顔が映り込んでしまっていたりすることがあるからです…。

ヘンなことと言っても、アブナイ会話をしているとかいうことではなく、気にしない方は気にしないような他愛もない内容なのでしょうが、何と言うか「オカン、外でそういうこと言うの、恥ずかしいからやめて」みたいな感覚で、あまりうちの家庭事情のアレコレを人様にお聞かせしたくはないのです…猫絵文字(汗1)

そんなわけで、動画を投稿する際には一応、最初から最後まで通して見てチェックしているのですが「よし!これはヘンな会話も入っていないし、うちの猫も可愛いし、イケそうだぞ!」と思って安心していると、最後の最後の方で母が「腹巻でも買おうかな…」などとつぶやく声が入ってしまっていたりするのです…。

最近はムービーメーカーの使い方を少しだけ覚えたので「これ、音声はともかく画だけは良いんだけどな…」というものは音声だけを差し替えて投稿していたりもします。

本当はBGMか何かを流して綺麗にまとめられたらもっと良いのでしょうけどね…。

テーマ : 画像・動画
ジャンル : サブカル

サイト更新情報(2016/6/11)


WEBデザイン素材集の参考文献ページ(Amazon版)に素材集2冊を追加しました(&レイアウトを修正しました)。

とは言え、うち1冊は今まで楽天ブックス版には載っていたものの、Amazon版で載っていなかったものを追加しただけですが、一番下に追加したもう1冊は完全に新しいものです。

次回作用にと思って新たに購入した1冊なのですが、見ていただければ「ああ、次回作って本当にモフモフなんだね…」と納得していただける1冊かと思います。

自分の中での次回作の制作テーマの1つが「ビジュアル(WEBデザイン)にもこだわる!」なので、文章だけでなく見た目にも楽しい小説ページ創りを目指して頑張っていきたいと思っています。

(ただ、そうすると前作の2作と同様、また余計な手間がかかってしまうような気はしますが…猫絵文字(汗笑)

父の日のプレゼントは他の日よりも難しい…。


毎年、父の日プレゼント選びに困ります

父は自分なりのこだわりを持つ人で、他人が選んだものをそうそう気に入るとは思えず、またそれを表すかのように、過去に贈った、おそらく「それほど気に入っていないであろうプレゼント」は父の部屋の片隅に、箱も開けられないまま適当に積まれていたりするのです…猫絵文字(困)

…とは言え、アルコール類を贈れば喜ぶことは分かっているのです。

しかし、見るからにビールっ腹メタボな父に、更なるアルコールを贈るのはどうかと思うのです。

これまでも、悩みに悩んだ挙句、せめて酒は酒でも健康に良さそうなお酒(朝鮮人参のエキスか何かが入っているのだとか、健康がどうのこうの書かれたワインだとか…)を贈ってみたりもしましたが、他の家族にあげてしまったりしていたので、どうやらあまり気に入ってはいないようでした…。

そんなこともあり、ここ数年はワンコ溺愛する父のために、数々のワンコグッズを贈ったりもしてみました。

(ワンコ・リフレ(ワンちゃんマッサージやワンコのための料理レシピ)の本だとか、ペット用ヒーリング・ミュージックCDだとか、ワンコ用の服だとか…。)

しかし、そうなってくると最早、父の日なのか愛犬の日なのか分からない気がする上、そろそろそんなペット・グッズもネタ切れになってきてしまったので、結局またしかたなく酒類(クラフトビール&地ビールのつめあわせ)を贈ってしまう父の日のプレゼント選びなのでした…猫絵文字(汗1)

水色ニットワンピの顛末


最初はワンコ用ワンピースとして買われてきた、可愛い水色のニットワンピース…。

それが、うちのワンコがヨークシャー・テリアとしては大きいサイズに成長してしまったためにこんなことに…。



[広告] VPS


その後、うちのニャンコのものとなりました…。

[広告] VPS


水色ニットワンピの後ろ姿

水色ニットワンピで魅惑のポ

テーマ : わんことにゃんこ
ジャンル : ペット

プロフィール

津籠睦月

Author:津籠睦月
ネコ・犬・小鳥などの小動物大好き人間。
オリジナル小説サイト「言ノ葉ノ森」でファンタジー小説を連載中です。
詳しくは右側の「管理人ホームページ」からご覧ください。

最新記事
もくじ(記事一覧)
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
その他のブログ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ねこ写真アルバム
動物写真アルバム【鳥類含む】
相互RSS
アニマル・スケッチブック
トラベル・アルバム
ブログ内マイベスト(猫)
検索フォーム
<管理人ホームページ>
オリジナル・ファンタジー小説サイト「言ノ葉ノ森」
<オリジナル小説の紹介>
和風ファンタジー小説「花咲く夜に君の名を呼ぶ」


魔法少女風ファンタジー小説「魔法の操獣巫女エデン」


異世界ファンタジー小説「ブラックホール・プリンセス」


児童文学風ファンタジー小説「夢の降る島」


乙女ゲーム風恋愛小説「選帝のアリス」(pixiv投稿小説)


恋愛SSオムニバス「まるで純度の高い恋の結晶のような…」



↓こちらもどうぞ↓




<絵文字&WEB素材>
ネコ絵文字一覧



WEBデザイン素材集リスト 
 

<QRコード>
QR
<カウンター>
<カレンダー>
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
参加ランキング
<猫写真集(電子書籍)>
無料でダウンロードできる猫写真集です。 特別な機器やソフトが無くても、WEB上で閲覧することもできます。

<アニマル・エッセイ&フォト>