FC2ブログ

ゴールデンウィークは今年も結構仕事です。

年々スケジュールがキツくなるばかりのウチの会社のゴールデンウィークですが、今年もまた、カレンダー上は休日(しかも祝日だったり)にも関わらず出勤という日が何日かあります。

しかも現在のスケジュールも、まだ「暫定」ということで、せっかくの連休なのに予定が組めない有様です。

と言うか、毎回思うのですが、連休中に仕事をするのはその会社の勝手だとしても(本当はブラックなので社会的に良くないですけど。)、それを取引先企業にまで押しつけてくるのはいかがなものなのかと。

(まぁ、おそらくはウチの会社の方が「連休でも対応しますので仕事ください!」みたいな営業の仕方をしているのでしょうが、それにしても、絶対普段より仕事量が5倍くらい多い気がするんですが‥‥。)

しかも、こちらは連休中も出勤しなければ仕事が終わらない状態なのに、相手方はこちらに仕事を目一杯押しつけるだけ押しつけて(←まぁ、結局はその仕事を受け取ってるウチの会社の営業が悪いと言えばそうなんですが)「ヨッシャ~!仕事終わったー!休みだー!」とばかりに連休に入り、何か不備があったり指示がおかしかったりして問い合わせしたくても、担当がつかまらない状態だったりするわけです。

しかも「連休前に終わらせておこう」とばかりに大量の仕事を無茶な時間で上げてくるものですから、いつもより字が汚い・誤字脱字が多い・指示が曖昧・修正したつもりで修正できていない・記入間違い等々、ミスの数も普段の比にならないので、それを処理しなければならないこちらは疲労ストレスも最早、ピークに達しつつあります。

おまけにこの時期は、普段県外で暮らす兄弟が帰省してきて(しかもあっちは一週間以上休みが続いて長々と家にいたりして)、朝、会社に出勤しようとすると「何だオメェ仕事かよ」などと言ってくるのが、ますます気分をイラッとさせるのです。

できることなら、せっかくのゴールデンウィーク、観光がてら次回作の舞台を見に行ったりなどしてみたいのですが‥‥いざ休みに入れた時に充分な体力が残っているかが不安です‥‥

スポンサーサイト

テーマ : 仕事日記
ジャンル : 就職・お仕事

暗黙のルールっていうの、そろそろ止めにしませんか?


社会には往々にして“暗黙のルール”というものが存在します。

自分が現在の会社に入ったばかりの頃もそうでしたが、マニュアルのどこにも書いていなければ研修時に教えてもらえるわけでもない――にも関わらず、ベテランの先輩方はしっかり把握していて、新人が「やらかす」と、「こんなの常識だろ?」という目で見てくるという――いわゆる“暗黙のルール”というモノに、新参者は苦しめられる運命にあるようです。

「そんなの初耳です」「と言うか、この業界(もしくは会社)だけの特殊ルールです(←実際、世間一般で言う“常識”と業界内(社内)での“常識”が食い違っていることはよくあります。)」と言いたくもなりますが、立場上言えるわけもなく、そんな“初耳の事実”を突きつけられるたびに、とりあえずは「スミマセン」と謝りつつ、心のメモにその“暗黙ルール”を刻んでいくより他ないのですが……

こういうの、いい加減、何とかならないものかと毎度思うのです。

うちの会社は新人さんが入っても(わりと)すぐに辞めていく定着率の低い職場ですが、その原因の何割かに、こういった“暗黙のルール”に適応できないこともあるのではないかと思うのです。

何が正しくて、何がダメなのかが“暗黙”なので分からないという、その状態自体が既に「右も左も分からない新人」にとってはストレスです。

しかし、ベテランさんたちにとって“暗黙のルール”はもはや“当たり前”のモノになってしまっているため、わざわざ新人さんに教えようともしませんし、そもそも「そのルールを新人さんは知らない」ということ自体に気づけないのかも知れません。

そして新人さんが勇気を振り絞って質問したところで、ベテランさんたちにとってそれは“常識”(←実際には常識などでなく、その会社だけの特殊ルールだとしても。)になってしまっているため「そんなことも分からないんだ?」といった迷惑そうな顔と態度で新人さんを凹ませ、「次に分からないことがあったら、また質問しよう」という気持ちを削いでいくわけです…。

(これ、すごく悪循環なんですよね。勇気がなくて質問できない→独自の判断でやる→結局“暗黙のルール”に反しているため怒られる→ストレスが増して、質問するための勇気がさらに出せなくなる、という…)

ベテランさんたちは、自分たちもそうやって新人の時の苦労を経て“暗黙のルール”を学び今に至った人たちなので、それが当たり前のことだと思っているのかも知れませんが(むしろ「同じ苦労をお前らも味わえ」くらいに思っているのかも分かりませんが)、昨今の人手不足やら何やらを思えば、もうそんな考えは捨てるべきだと思います。

人手不足は確実に、今働いている自分たちの首を締め上げていく問題です。
感情うんぬんは置いておいて、新人さんが定着していける“居心地の良さ”を作っていくべきなのです。

(これ、他人事でなく思いきり自分事なので、本当に切実です。一から教えて育てた新人さんが数ヶ月でいなくなって、また新しい新人さんを一から育ててまた数ヶ月…っていう地獄のローテーションエンドレス人手不足は、いい加減、勘弁して欲しいのです。)

…とは言え、暗黙のルールを“暗黙でなくする”にはまず、「自分たちが何を暗黙にしてきたのか」を把握し自覚するところから始めなければならないので、そう簡単なことではないのかも知れないな、とは思います。

先に述べた通り、ベテランさんたちにとってはそれが既に“当たり前”過ぎて、“暗黙のルール”が“暗黙になっている”ことさえ自覚していない人が多くいるように見受けられますので。

まずはベテランさんがつい口にしがちな「これって常識だよね?」な事柄について、各々が意識して、「教えてもいなければ、どこにも記していないルールを勝手に相手に押しつけていないか」見つめ直していくことが大切なのかな、と思います。

テーマ : お仕事日記
ジャンル : ビジネス

ブラック企業の裏にブラック取引先アリ


以前、どこかのニュース番組でもチラッと取り上げられていたような気がしますが「ブラック企業問題って、その企業だけの問題じゃなく、取引先がヒドイってことも多々あるな」と、最近よく思います。

相手企業の勤務形態が夜遅くまでだったり土日出勤だったりすると、こちらにも「そのスケジュールに合わせろ」と言うように、夜の○時(もちろん定時をだいぶ過ぎた時間)に納品しろだの、土日に納品しろだの無茶ブリをしてくるということが多々あり、本来ならやらなくて良いはずの“残業”や“休日出勤”をその取引先のタイムスケジュールに合わせるためだけに行う、という意味の分からない事態が最近よく発生しているのです。

しかもこちらにはフレックス制も何もないので、夜の○時に納品しろと言われたら、その時間まで「残業」しなければならないわけです。

さらに、その時間までただ待機していれば良いなどということではもちろんなく、「余った時間がもったいない」とばかりにその時間をつぶすための仕事をさらに追加で入れられ、しかもその余分時間内では終わらずにあふれ、結果、残業がますます増えるという悪循環過ぎる状態に…。

相手がこちらの足元を見て無茶な納期スケジュールを押しつけているのか、それともこちら側(の営業担当)が仕事を取りたいばかりに無理なスケジュールでもホイホイ受けて来てしまうのかは分かりませんが、どちらにせよ残業と休出のせいで余暇時間が減り、おまけに急なスケジュール変更が多過ぎるせいで下手に予定も入れられない始末です。

ブラック企業ですらまだまだきちんと取り締まられていない現状で、ブラック取引先問題が取り沙汰されるのは果たしていつのことになるのか分かりませんが、何とかならないものかな、と思う今日この頃です…。

テーマ : 働き方
ジャンル : 就職・お仕事

免疫力の低い人間にとっては、もはや罠でしかない職場環境


10月の土曜日休みは結局1回だけでした…猫絵文字(汗1)

おまけに土曜日でも残業という日が少なからずありました…。

そんなわけで、ただでさえ免疫力が低いのに加えて体力落ちまくりの所にプラスして、周りの同僚たちも体調不良でセキ・クシャミしまくり(うち何人かはマスクなし)という状況が続いたので、案の定ダウンしてしまいました。

とは言え、それまでもずっと体調は悪かったのですが、発熱などの分かりやすい症状がなかったので会社を休みづらく、だるさとマスクによる息苦しさで頭がぼ~っとする中、ダラダラと仕事(残業+土曜出勤)していました。

小学生の頃から気がついたら低体温(35度台が普通)だったので、元々熱が出にくい体質なのですが、それでもやっと37度以上の発熱があったので、ようやくそれを理由に会社を休めた、という感じです。

なじみの病院へ行ったら、いつもの風邪なら総合感冒薬と乳酸菌系のお薬を処方してくれるお医者さんが抗生剤を出してきたので、「ひょっとすると、今流行りのマイコプラズマ肺炎の可能性があるのか?」などと、にわか知識で思ったり…。

そんなこんなでここ数週間、休日はずっと安静にして体力回復に努めるという日々が続いていました…。

(何せ、けっきょく休みが1日ずつしかない&出勤すれば結局残業なので、なかなか体調が回復しないのです…。)

休みの日にやりたいことがいろいろあるのに何もできないという状況は、ものすごくフラストレーションが溜まります…。

と言うか、そもそも土曜日に残業とか意味不明なのですが…。

1980年代まではあったとウワサに聞く「土曜日は半ドン(=土曜日の勤務は午前中だけ)」という素敵制度(?)はどこへ行ってしまったのでしょう…?

テーマ : お仕事日記
ジャンル : ビジネス

何だか、負のスパイラル。


いつも思うのですが、なぜ会社というのは「体調管理をしっかりしろ」と言いつつ、どう考えても体調が「管理」できないような無茶なスケジュールを寄越すのでしょう…。

そもそも体調管理というものは、ちゃんとした時間にご飯を食べて、ちゃんとした睡眠時間を確保するなどといった日々のサイクルをきちん・きちんとしていくことが基本だと思うのです。

どんなに栄養ドリンクでドーピングしようと、マッサージやツボ押しのグッズをそろえてみようと、「時間」が無ければ結局、疲労回復にもストレス解消にもならなくて、どうしようもない気がしてならないのです。

会社的には「週に1回休みがあれば充分だろう」とでも思っているのかも知れませんが、休みが週1しかないと、買い物だとか諸々の雑事でいつの間にか1日終わっていて、疲れが取れるどころではないのです…。

しかも平日はしっかり残業があるので、実際昨日の休日出勤では同僚皆ボロボロでした…猫絵文字(汗1)

そもそも、一気に寒くなるこの時期、残業が多くて在宅時間が少ない状態だと、秋物を出すだとか布団をあったかいものに替えるだとか、そういう季節の変化に対応していく時間もなくて、結果、風邪をひきやすくなってしまうという事態が発生するのです…。

そして体調不良による欠勤者で人手不足→仕事が回らなくて余計に残業増える→さらに体調不良者増加(&場合によっては退職者も…)という負のスパイラルが発生するのです…。

本当に、時間も無いのに体調管理をしっかりしろなどという無茶を言うより、過度の残業&休日出勤をしなくて済むように上手く仕事をさばいてくれないものかといつも思ってしまうのです…。

テーマ : お仕事奮闘記
ジャンル : 就職・お仕事

プロフィール

津籠睦月

Author:津籠睦月
ネコ・犬・小鳥などの小動物大好き人間。
オリジナル小説サイト「言ノ葉ノ森」でファンタジー小説を連載中です。
詳しくは右側の「管理人ホームページ」からご覧ください。

最新記事
もくじ(記事一覧)
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
その他のブログ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ねこ写真アルバム
動物写真アルバム【鳥類含む】
相互RSS
アニマル・スケッチブック
トラベル・アルバム
ブログ内マイベスト(猫)
検索フォーム
<管理人ホームページ>
オリジナル・ファンタジー小説サイト「言ノ葉ノ森」
<オリジナル小説の紹介>
和風ファンタジー小説「花咲く夜に君の名を呼ぶ」


魔法少女風ファンタジー小説「魔法の操獣巫女エデン」


異世界ファンタジー小説「ブラックホール・プリンセス」


児童文学風ファンタジー小説「夢の降る島」


乙女ゲーム風恋愛小説「選帝のアリス」(pixiv投稿小説)


恋愛SSオムニバス「まるで純度の高い恋の結晶のような…」



↓こちらもどうぞ↓




<絵文字&WEB素材>
ネコ絵文字一覧



WEBデザイン素材集リスト 
 

<QRコード>
QR
<カウンター>
<カレンダー>
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
参加ランキング
<猫写真集(電子書籍)>
無料でダウンロードできる猫写真集です。 特別な機器やソフトが無くても、WEB上で閲覧することもできます。

<アニマル・エッセイ&フォト>