FC2ブログ

お祭の夜に拾った(?)ワンコの思い出


以前ペットのネーミングの記事でもちらっと書いた、昔の飼い犬「ムー」こと「フーセンガム」。

出会ったのはちょうどこんな季節。夏祭りの夜のことでした。

町内で行われたお祭に家族で出かけた時、会場である公園をうろちょろしている白い子犬がいました。

「カワイイ~!ノラ犬かな~?」などと、ちょっとの間かまった後、車でその公園を後にし、家へと帰ったのですが…

家に着き、車から降りると、なんと、なぜか公園で遊んだその白い子犬が後をついてきていたのです!

町内なので、公園から家まではそれほど離れていませんが、それにしても車の後を追ってきたとは、ちょっと信じられませんでした。

そこまでしてついてきた子犬をそのまま放っておくことはできず、結局そのまま飼うことになったのですが…

このワンコが、なかなかとんでもないワンコでした。

何がとんでもなかったのかと言うと、とにかく脱走癖がすごかったのです。

大きく成長してからは力も強くなり、しかも足の速さは子犬の時点で車の後を追ってこられたほどでしたので、とにかく恐ろしく速く、子どもの腕力では散歩中に振り切られ、しかも走って追いかけても全く追いつけないという有様でした。

しかもそうやって脱走しておきながら、ゴハン時になるとちゃっかり戻って来るのです。

そんな困ったワンコですが、ちょっとカワイイ(?)弱点もありました。

それはこんな時季にはつきものの「」と「花火」です。

ムーはとにかく雷と花火の音が大嫌いで、たとえ脱走してもその音が鳴り出すと一目散に家に帰ってきて、ダンボール箱とダンボール箱の間に頭を突っ込んで(全身は入れないのでお尻とシッポは丸出しで)プルプル震えていました。

ちなみにこのムー、成長後の外見はどことなく某ソフト○ンクのお父さん犬に似ています。

なので、うちの兄弟はCMを見るたびに「ムーだ!」「ムーはかわえぇなぁ」などと言っています。



愛犬・フーセンガム
スポンサーサイト



テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

水色ニットワンピの顛末


最初はワンコ用ワンピースとして買われてきた、可愛い水色のニットワンピース…。

それが、うちのワンコがヨークシャー・テリアとしては大きいサイズに成長してしまったためにこんなことに…。



[広告] VPS


その後、うちのニャンコのものとなりました…。

[広告] VPS


水色ニットワンピの後ろ姿

水色ニットワンピで魅惑のポ

テーマ : わんことにゃんこ
ジャンル : ペット

おばあちゃん情報はアテにならない。


うちの祖母はちょっと天然です。

なので、その話を鵜呑みにするといろいろとマズイことになります。

ニュースの話題でも、似て非なる全く別の事件がごっちゃになっていたり…
(電車の人身事故のニュースをしている時に「運転手が運転中に本を読んでいたのが問題になったんだって」などと別のニュースの話を言ってきたりするので、うっかりそのせいで事故が起きたのかと勘違いしそうになったり…)

天気予報も、今日の天気ではなく明日や明後日の天気のことを今日のものだと思い込んで言ってきたりするので、かなり情報が混乱します。

そんなうちの祖母の最大(?)の勘違いは、うちの兄弟の発言に関するものでした。

うちの兄弟はペットに対しては天邪鬼ドSなので、手では犬をものすごく可愛がりながら、口では「でも兄ちゃんは猫の方が好きなんだよ~」などとショッキングな発言をするのですが(ちなみに猫を可愛がる時には「でも兄ちゃんは鳥の方が好き」と言います。)それをどう聞き間違えたのか、ある時うちの祖母が言った言葉が「お兄ちゃんはヒドイよねぇ。犬を可愛がってる時に『でも兄ちゃんは肉の方が好き』なんて言うんだから」でした。

ネコニクと化した…どころか、そもそものジャンルからして別物になってしまったという…。

ちなみにうちのワンコは「でも兄ちゃんはネコの方が好き」発言についてはどう思っているのか分かりませんが、「くさい」と言われるとショックを受けてテンションが下がります

ジュウシマツの声は電子音?


うちの父が犬の散歩中にジュウシマツを拾ってきたというのは以前の記事に書きましたが、このジュウシマツ、いろいろな意味でとても特徴的な小鳥でした。

まずこのジュウシマツ、拾ってきた初日には一声も出さずにおとなし~くカゴの中に入っていたのですが(←以前飼っていた文鳥のカゴをそのまま再利用していました。)翌日になって突然鳴き声を出すようになりました。

その声が、初めて聞いた時には「コレ、本当に鳥の声!?」と思うほど衝撃的なものだったのです。

というのも、静かな部屋に突然ナゾの電子音のようなものが聞こえ出し、「何、この音?」「ゲームとかやってたっけ?」という感じで周りを見渡してみると、何と音の出所がそのジュウシマツだったという…。

後でネットで調べたところによると、同じジュウシマツでも一羽一羽鳴き方が違うようなのですが、うちの小鳥の場合はまるで「エンジンをふかした後に突然ゲームの電子音が鳴り出す」ような鳴き声でした。

「ジ、ジ、ジジジジ…」とゆっくりと低めの音で徐々にスピードを上げていった後、テンションMAXで「ピコッピコピコピコッ」と高い声で激しく鳴き出すのです。

しかも鳴いている間はなぜか体をふくらませおにぎりのような三角形になってピコピコ体を揺すりながら鳴いていました。
(しかもなぜか鏡で自分の姿を見ながら鳴いていることが多かったので、ひょっとしたら鏡の中の自分に向けて求愛行動をとっていたのかも知れません…。)

昔飼っていた鳥なので、解像度の高い画像があまり残っていない(しかもおにぎり姿を正面からとらえた写真がない)のが残念なのですが…。

 ジュウシマツ(ミニサイズ) ジュウシマツ ジュウシマツ三角





[広告] VPS


古い携帯ムービーのため画質は悪いですが、
鳴き声だけは分かるので、聴いてみてください。
(エンジンがだんだんかかっていって…の部分は
残念ながら録れていませんが…。
しかもTVの音がかなり入ってしまっていたり…。)

テーマ : 小鳥大好き
ジャンル : ペット

ネーミング・センスが独特…?(その3)


ペット(やRPGの主人公)のネーミング・センスが強烈なうちの兄弟のことですが、その中でも最も意味不明な名前だったのが、お祭の夜に買ってきたカメの「かくちはいこ」でした。

意味不明というか……、本当は意味はあるのです。

というのも、この名前、このカメの特徴を箇条書きでいくつか挙げていって、その頭文字をつなぎ合わせたものをそのまま名前にしてしまったというものだからです。

小学生か中学生の頃のことなので、その箇条書きの内容はハッキリとは覚えていません。

たぶん「」は「カメ」、「」は「くちがくさい」か何か…、「」は「ちいさい」、「」は「はいはい歩き」、「」は「いし(石)のように硬い」、「」は「こうら(甲羅)がある」とか、そんな感じだったと思います。

ちなみにこのカメ、冬眠で土の中にもぐっていった後、そのまま二度と目覚めることがなかったという可哀相な最期を遂げています。

金魚つりの金魚とかもそうでしたが、お祭で買った動物を育てていくのは結構難しいです…猫絵文字(涙6)




 関連記事>ネーミング・センスが独特…?(その1)(その2)


プロフィール

津籠睦月

Author:津籠睦月
ネコ・犬・小鳥などの小動物大好き人間。
オリジナル小説サイト「言ノ葉ノ森」でファンタジー小説を連載中です。
詳しくは右側の「管理人ホームページ」からご覧ください。

最新記事
もくじ(記事一覧)
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
その他のブログ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ねこ写真アルバム
動物写真アルバム【鳥類含む】
相互RSS
アニマル・スケッチブック
トラベル・アルバム
ブログ内マイベスト(猫)
検索フォーム
<管理人ホームページ>
オリジナル・ファンタジー小説サイト「言ノ葉ノ森」
<オリジナル小説の紹介>
和風ファンタジー小説「花咲く夜に君の名を呼ぶ」


魔法少女風ファンタジー小説「魔法の操獣巫女エデン」


異世界ファンタジー小説「ブラックホール・プリンセス」


児童文学風ファンタジー小説「夢の降る島」


乙女ゲーム風恋愛小説「選帝のアリス」(pixiv投稿小説)


恋愛SSオムニバス「まるで純度の高い恋の結晶のような…」


歴史恋愛短編オムニバス小説「恋愛群像ヒストリカ」



↓こちらもどうぞ↓




<絵文字&WEB素材>
ネコ絵文字一覧



WEBデザイン素材集リスト 
 

<QRコード>
QR
<カウンター>
<カレンダー>
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
参加ランキング